« ACM CSCW2015 参加報告 その7 | トップページ

ACM CSCW2015 参加報告 その8

3日目.一般セッション午後の部の報告です.
 
<Experiencing Social Media>のセッション
I LOVE THIS SITE! vs. “It’s a little girly”: Perceptions of and Initial User Experience with Pinterest
Hannah J. Miller, University of Minnesota, USA
 
Img_0420  
これもGroupLens Research の論文である.
Pinterestを使うときには,Facebookなどの他のソーシャルメディアの友人を導入すること(ブートストラッピング)ができるが,そのことが男性と女性でどのようにサービスへの満足度(評価)につながっているのかを調べている.
 
女性は,ブートストラッピングとされると非常に喜ぶが,男性は変わらないという結果を発見しており,その定性的な分析をしている.ブートストラップという観点が面白く,また定性的な分析結果についても非常に興味深い内容であった.
 
 
The Diffusion of Support in an Online Social Movement: Evidence from the Adoption of Equal-Sign Profile Pictures
Bogdan State, Facebook Inc., USA
 
Img_0453  
『Facebookのプロフィール画像で270万人が同性婚支持を表明』のイベントを対象にした実験結果の発表である.
 
米連邦最高裁で2014年3月26日に,同性婚の是非を問う裁判の審理が始まった.これに合わせ,同性婚を支持するFacebookおよびTwitterのユーザーが,自分のプロフィール画像を赤地にピンクの当符号に変更し,ニュースフィード上でバーチャルデモ行進に参加したというもので,これの拡散について分析している.なお,このプロフィール変更運動は、同性愛者の権利拡大を求める非営利の米人権活動団体Human Rights Campaign(HRC)の呼び掛けによってスタートし,画像のデザインには「すべての愛は平等」という意味が込められているという.
 
分析の結果,この運動に参加したのは,結婚適齢期の25-34歳のユーザが多かったこと,男性よりも女性が多かったことなどを報告している.
 
 
以上にて,ACM CSCW2015の参加報告を終わります.
最後までお付き合いいただき,ありがとうございました.
 
Img_0486  
次はサンフランシスコでお会いしましょう!

|

« ACM CSCW2015 参加報告 その7 | トップページ

Web研究」カテゴリの記事