« ACM CSCW2015 参加報告 その6 | トップページ | ACM CSCW2015 参加報告 その8 »

ACM CSCW2015 参加報告 その7

3日目.一般セッション午前の部の報告です.
 
ACM CSCW2015ホームページ
<Recommender Systems>のセッション
Studying and Modeling the Connection between People’s Preferences and Content Sharing
Amit Sharma, Cornell University, USA
 
Img_0324  
近年,ソーシャルメディア上での「シェア」という行為を通して,自分の近隣の友人に向けてアイテムを知らせることが多くなっている.これは一種の社会的推薦(フィルタリング)とみることができる.この行為には,indivisuation(自分の好きなアイテムの表明とそれへの共感を求める)という衝動から行われる場合と,altuism(友人が好みそうなアイテムを提示して友人を助ける)という社会的貢献へのモチベーションから行われる場合が含まれる.
 
この研究では,senderのrating値とrecipientのrating値をシェアされたアイテムに対して比較し,indivisuation(自分の好きなアイテムの表明とそれへの共感を求める)とaltuism(友人が好みそうなアイテムを提示して友人を助ける)の間の関連を調べている.
 
 
Using Groups of Items to Bootstrap New Users in Recommender Systems
Shuo Chang, University of Minnesota, USA
 
Img_0361
 
GroupLens Researchの論文である.MovieLensにおいては,ユーザの初期登録において,最低15個の映画についてratingを行わなければならなかった.しかし,このプロセスを完遂できないユーザが多く存在し,典型的なcold-start問題となっていた.
 
そこでこの研究では,個々のアイテムを評価させるのではなく,アイテムのグループを作り,そのアイテムに対して評価付けをさせる形で,初期登録を行わせることにした.グループへの評価付けを容易にするため,グループ中のアイテムに付与されたタグなどの情報から,グループへの記述も獲得し提示している.

|

« ACM CSCW2015 参加報告 その6 | トップページ | ACM CSCW2015 参加報告 その8 »

Web研究」カテゴリの記事