« 国際会議WWW 2013感想文その1 | トップページ | ACM CSCW 2014 参加報告1日目 »

TV視聴傾向の調査(性別・年齢別)

仕事で,TV視聴の傾向について調べている.
 
ちょっと古い(2005年5月)がネットリサーチのTV視聴傾向の調査結果が面白い.
 
【TV番組・TVCM視聴質・1】報告書
 
私が興味を持ったもので,比較的顕著な結果が出ている結果をまとめると,以下の通り.
 
(チャンネル嗜好)
・年齢が上がるとNHKが好きになる
・若い子にはフジテレビ系列が人気
・年齢が上がるとBSが好きになる
 
(ジャンル嗜好)
・年齢が上がるとニュース・報道が好きになる
・若い子はバラエティが好き.年齢が上がるほど,嫌いになっていく.
・スポーツ番組は女性には人気がないが,女性でもお年寄りには人気
・若い女性には音楽番組が人気.
・全年齢で,ドラマは女性には人気.男性には不人気.
 
(TVCM嗜好)
・若い人ほどCMが好き
 
 
推薦手法としては目新しさはないが,デモグラフィック情報は結構効いてくるということが分かる.上の結果は,だいたいはすでに分かっていたような内容ではあるが,新たな発見もある.中でも注目は,女性はスポーツ番組は嫌いではあるが,高齢者になると好きになるという点である.それまで全く人気がなかったのに,60代からは急に好きになっている点が面白い.
 
また,若い人には,ニュースや報道番組が全く人気がないのも興味深い点であるが,同時に失望も感じる.政治家が若い人にはアピールしようとしないのもよく分かる.
 
最後に面白いのが,年齢が上がるほどテレビへの依存度(視聴時間)が上がっているのだが,肝心のTVCMに関しては,影響力が落ちている点である.最もTVCMの影響を受けるのは若い世代.感受性が高く,ワンフレーズや音楽,俳優やアイドルからの影響が大きいからと思われる.お金を持つ高齢者が大多数の視聴者であるのに,そこへのアピールができないという所に,テレビの苦境が見られる.
 
調査結果とは関係ないが,報告書中,
テレビ大好き派の対極として,インターネット大好き派を,「堀エ門派」と書いている点に時代を感じさせる.
 

|

« 国際会議WWW 2013感想文その1 | トップページ | ACM CSCW 2014 参加報告1日目 »

Web研究」カテゴリの記事