« 国際会議WWW2010論文感想 その10(検索エンジン・Nグラム) | トップページ | ACM SAC2012 IAR参加報告 »

ACM SAC2012 Keynote addressの感想

Context-aware System Design: A Data-oriented Perspective
Dr. Letizia Tanca

Img_0447_2

ミラノで行われているthe Green Move Projectという,車にいろいろセンサーをつけて,デバイスの状況とユーザの嗜好から適した情報を提示したり,車の貸し出し(個人所有でなくシェアカーやレンタカーのよう)の管理などを行うプロジェクトの紹介.

Img_0448_2

このプロジェクトで行われている機能やフレームワークの紹介.それぞれの詳細については話されなかった.どういうコンセプトで設計されているかという話が中心.また,写真のような概念的なモデルの話が多かった.

Img_0449_2

チャートは字ばかりで,本当に大まかな設計思想の話ばかりだった.デモぐらいは欲しかった.
どこを重要と思うかは,やはりヨーロッパ的だと思った.モデルとか,スキーマとか,オントロジーとか.これらをどう実現するかについては,あまり話がない.あるいは,実際に使ってどうだったという話がない.

いったいこのシステムをどう使うのか?どういう情報が提供されるのか?どうコンテキストが利用されるのか?どうコンテキストが獲得できるのか?ということについては話されず,本当に役に立つの?と思った.

Img_0454_2

下の写真に至っては,何がなにやら...

Img_0455_2

講演後,会場から以下のような質問が出た.
(1)どんなプログラミング言語,データベース言語を使っているのか?オリジナルのものか?
 →オリジナルのものではない.なるべく汎用のものを使っている.ドメインん依存ではない.

(2)プライバシーとセキュリティは保たれているのか?
 →興味深いが,我々はその点は考えていない.セキュリティの人たちに入ってもらって,設計することはできる.

(3)どうコンテキストを定義するのか?
 →デザイナーが考えて設計した.コンテキストの状況はマイニングされる.どういうコンテキストとどういうコンテキスト(あるいはコンテキストとクエリ)が関連があるかなどがわかる.

多分,会場の多くの視聴者も,私と同じ疑問を持っているはず.

余談だが,ホールのシートが足の長い西洋人仕様で,めっちゃ座りにくかった.途中から腰がだるくてだるくてしょうがなかった.座面が長いうえに,奥に沈み込む感じで,おかげで足が床につかない.ユニバーサルデザインとはほど遠く,デザイナーの顔が見たいものだ.

以下は,私のとったノート.

===
多種多様なシステム,センサー,データを,統一的に使い,ユーザは意識しないで済むようにしないといけない.
ユビキタス環境におけるパーソナライゼーションではコンテキストが重要.

Workshop on using knowledge in its contextx (IJCAI 93)
インタラクションをモデル化するのにコンテキストが使われる.
モデル化には人間の挙動が重要.
これらをエンジニアリングとするためのワークショップ.
多くの情報から,ユーザが適した情報を見つけられるようにしたい.

e-healthとwell-beingにおけるコンテキスト
人間のバイタル情報(血圧とか)
人間の現在の状況(走っているとかとか)
現在の場所
天気の状況

車の運転におけるコンテキスト
緊急時におけるコンテキスト
などの具体例が紹介される

the Green Move Project
講演者がやっているプロジェクトの紹介
ミラノでのプロジェクト
いくつかのドッキングステーション(車につなげる?)を配って行った.

車は多くのデバイスを備えており,運行状況を集めることができる
車の予約.車のセンサの情報から,予約の可否を判定

データ中心のパーベイシブコンピューティング

Context-awareなシステムでは,
Context-awareでドメインアウェアな挙動を融合しないといけない

コンテキストとデータの違いは?
SACのHPはオブジェクトデータ
コンテキストデータは???
なんやかんやと説明していたが,いまいちよく分からなかった.
もうちょっとうまい例を持ってきてほしかった.

コンテンツの表現を異なるチャネルや異なるデバイスに適応させる
CC/PP(Composite Capabilities / Preference Profiles) W3C Recommendation
ユーザプロファイル:デバイスの能力とユーザの嗜好について記述.

ユーザが今何をしているかと身体的状況をモデル化する.

Context-based information personalization
ユーザの嗜好とデバイスの状況から,適した情報を提示
implicitにユーザの特徴(嗜好?)を集める
具体的なことは説明なし

コンテキストマネジメントフレームワーク
アプリケーションに寄らずユーザのコンテキストを管理できるフレームワークが必要

コンテキストモデル
なにやら木構造で表されている
(上の写真参照)

コンテキストではdrive-styleでsafelyとかenergyとかあるが,これをどう判断するか疑問.
コンテキストスキーマの設計をがんばってやっているようだった.

途中,クエリという話が出てきたが,運転中にクエリを投げるのだろうか?

PerLaとかいうセンサーデータ抽出のたけの言語を設計しているよう.
===

|

« 国際会議WWW2010論文感想 その10(検索エンジン・Nグラム) | トップページ | ACM SAC2012 IAR参加報告 »

Web研究」カテゴリの記事