« ACM RecSys2010 勉強会のノート(セッション7) | トップページ | ACM RecSys2010 勉強会のノート(セッション9) »

ACM RecSys2010 勉強会のノート(セッション8)

国際会議ACM Recommender Systems 2010 (RecSys 2010)の勉強会のノートです.論文紹介は,論文タイトル下の発表者がされ,下記は私が書いたノートです.今回紹介するのは,「Recommending non‐standard items」のセッションです.non‐standard itemsとなっていますが,stanndard itemsは映画でそれ以外という感じでしょうか...8-1は最適化問題の論文です.推薦システムの一つの研究分野と言って良いと思います.8-2は,新規性がよく分かりませんでした.

Session 8: Recommending non‐standard items
8-1 Breaking out of the Box of Recommendations: From Items to Packages
  志甫谷匠(兵庫県立大)
予算を入れれば,Item recommender からアイテム(観光地)を推薦してもらい,それから旅行プランを作成して,それを推薦してくれる.
2近似アルゴリズムを改良.
ナップザック問題の制約付きの場合を扱っている
例えば
 観光地3つ以内
 半径10km以内
 2つ以上講演は含めない

制約を満たしつつ,最適なパッケージを作る.
最適とは何?

適用アルゴリズム
MaxValBound:予算内の上限値を決定する
InsOpt-CR:???
Greedy-CR-Topk:???

データセット
・Movielens
 映画の上映時間をコストとして扱う
 500分以内で映画のパッケージを作る
・TripAdvisor アメリカの10大都市のPOOIに対する評価データ
 1393地点のPOIの評価
 評価の値をコスト
 予算は

パッケージの推薦の質の評価(他のユーザが付けたratingの平均)

8-2 Automatically Building Research Reading Lists
  王元元(兵庫県立大)
ユーザに合う文献リストを自動生成
協調フィルタリング,内容に基づくフィルタリング,グラフランキングなどを適切に組み合わせる

混合アルゴリズム
CF->CBF CBF->CF CF + CBF
これを基本として,各アルゴリズムの中に何種類かあり,170種のアルゴリズムを比較

HITSが他のアルゴリズムより良い
グラフランキングも個人適用した推薦アルゴリズム?

19名の被験者で実験 5-10本
数々のハイブリッド手法と比較して新規性があるのかよく分からなかった.

===

ACM RecSys2010 勉強会ノート目次

http://e-biz.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/acm-recsys201-1.html

ACM RecSys2010 勉強会 公式HP
http://qwik.jp/recsys-study/

ACM RecSys2010 公式HP
http://recsys.acm.org/2010/

 

|

« ACM RecSys2010 勉強会のノート(セッション7) | トップページ | ACM RecSys2010 勉強会のノート(セッション9) »

Web研究」カテゴリの記事

学会」カテゴリの記事