« 国際会議WWW2009論文感想その7 | トップページ | WebDB Forum 2010 一般発表(1日目) »

ソーシャルゲーム・ソーシャルアプリケーションの現在と未来 @ WebDB2010

WebDB Forum 2010に参加しております.午前中の特別セッション(2)が面白かったですので,私なりの要約を報告させていただきます.

Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2010)
http://db-event.jpn.org/webdbf2010/
11月11日(木) 11:30-12:45     特別セッション(2)

ソーシャルゲーム・ソーシャルアプリケーションの現在と未来
座長:中村 聡史(京都大学)
講演者:
    * 吉田大成 (グリー株式会社メディア開発本部 ソーシャルアプリケーション統括部長)
    * 名村卓 (サイバーエージェント株式会社 執行役員 主席エンジニア)
    * 田中洋一郎 (株式会社ミクシィ パートナーサービス部 開発グループマネージャー)

Pa0_0000

グリーの吉田大成氏からは,ソーシャルアプリケーションの歴史や市場規模,それを支える技術などの紹介があった.利用者数は,既存のゲーム機のゲームに引けを取らないぐらいであることが紹介された.
サイバーエージェントの名村卓氏からは,アメーバにおけるソーシャルアプリの紹介があった.GREEやmixi,モバゲーなどにアプリを提供している.海外のサービスにもアプリを提供している.Facebookのユーザ数は5億を超えている.Gingaのユーザ数は9000万人ぐらい.ソーシャルアプリは時間を節約し,時間を有意義に楽しむための娯楽という認識であるらしい.ビジネス的には,コンシューマゲームはプロダクトリリースまでが勝負.ソーシャルゲームはリリース後の運用が勝負とのこと.
ミクシィの田中洋一郎氏からは,mixiの利用実態を会場に尋ねていた.一度でも利用したことがある人は8割ぐらいいたが,ここ1カ月に利用した人はその半分ぐらいに落ちていた.以前ほどの勢いがないような気がする.登録ユーザ数2102万人.月間ログインユーザ数1445万人.月間滞在時間3時間23分.月間PVは,mobile245億,PC52億.ソーシャルグラフの話がメイン.そのアプリケーションとして,「あなたの友人かも」という友人推薦の話があった.OpenSocial(ウェブベースのソーシャルネットワークアプリケーションのための共通のアプリケーションプログラミングインタフェース(API)群.Google によって開発された.(Wikipediaから抜粋))に賛同していることも紹介された.mixi Graph APIの紹介もあった.例えば,Voice APIでは,mixiボイスを他のWebページに埋め込める.さらにmixiボイスを他のSNSに反映させるような試みもしようとしている.

|

« 国際会議WWW2009論文感想その7 | トップページ | WebDB Forum 2010 一般発表(1日目) »

Web研究」カテゴリの記事

学会」カテゴリの記事