« 「意図せず生まれる知識共有」@JWEIN10 | トップページ | 国際会議WWW2009論文感想その3 »

棋士は直感で局面が分かる?@JWEIN10

2010年8月20-21日に,日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 JWEIN10に参加してきました.
招待講演
中谷 裕教 氏(理化学研究所)  「将棋棋士の駒組認識」
も非常に面白かったです.

ナレッジマネジメントの研究をしたことがあり,エキスパートの知識をどう他人に伝えるか,他者と共有するかということにトライしたことがあります.暗黙知と言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが,エキスパートの方というのは,何か言語で表しきれないノウハウを持っていると思います.

例えば,投資では,トップトレーダーの方は,チャートを見ていると,気が付かないうちに売買していると言います.釣りでは,ベテランに教えてもらい,同じようにしても全く釣れないこともあります.何か,感覚に近いものが備わっているのだと思います.

将棋の世界で,このような経験をちゃんと実験したのが,この発表です.

棋譜の暗記ですが,プロ棋士はイメージで覚え,上級者4段ぐらいは完全にイメージではなく言葉で補足し,中級者はパターンに対する言葉で覚え,初心者は一駒一駒を言葉で覚える.
プロ棋士は,どの駒も覚えているが,初心者は香車と桂馬の成績が良い.なるほどなぁと思いました.

以下,聞きながらとったノートです.

===
2.将棋棋士の駒組認識
棋士は直感で局面が分かる?

エキスパート共通の特徴
・意識的考えなくてもできる
・関連のある情報は一つのグループとして認識
 (人の顔を認識するのと同じ)
・10年にわたる日々の集中した意図的な訓練(1日3時間程度の訓練を10年続ける)
 エキスパートは地道な努力からしか生まれない

世界レベルの選手と町道場の上級者
黄泉の深さと広さには差はない
差は最善手が読みに含まれるかどうか?

将棋は考えるよりも直感で良い手が分かることが重要

計算機によるしらみつぶし的探索には知性は感じない

将棋の熟練度によって駒組認識の違い
同じものを見て,認識内容を書かしてみる
将棋の駒組みを5秒間提示し,記憶を3秒間保持し,将棋の板でそれを再現してもらう

定石形の譜とでたらめの譜と両方やる(50パターンずつ)

<プロ棋士>
イメージとして覚えた
頭の中の将棋盤に駒を置いた

<上級者4段ぐらい>
イメージとして覚えられる部分はイメージで
そうでない部分は言葉で

<中級者>
言葉で覚えた(やぐら囲い)

<初心者>
言葉で覚えた
「歩」がたくさんあった

記憶実験の成績
プロ棋士はほぼ100%.上級者は95%以上,初心者は60%程度

初心者の駒別の成績は,「桂馬」と「香車」の成績が非常に良い.
桂馬と香車はとなりあっていることが多い
おそらく,これは「桂馬」と「香車」の位置をペアとして覚えるようになった
すなわちパターンで覚えるようになった.

プロ棋士はどの駒もほとんど覚えている
ただし,角に関しては成績が落ちる.
角は移動量が多く,移動の多様性が高く,他の駒とペアになることがないので,
角だけ別扱いし,それ以外のものを覚えようとしたため.

上級者では角だけでなく,飛車の成績も悪くなる.
しかし,成績そのものはプロ棋士とほぼ変わらない(若干落ちる程度)

上級者がプロ棋士になれないのは,将棋の腕ではなく,忍耐力?精神力?

中級車は,初心者と同じように桂馬と香車の成績が良くなる.上級者に比べると,成績はがくんと落ちる.

でたらめなものに関しては,一気に成績が落ちる.
初心者は歩を優先的に覚える.駒の半分は歩なので,
駒の種類は記憶する必要がなく,場所さえ覚えればよい

プロ棋士は,王,飛車,角,銀を優先的に覚える.
その理由は,王,飛車,角,銀は非常に重要なので,それから覚えたとのこと
王,飛車の位置が分かれば,攻めの作戦が立てられる
角と銀の位置が分かれば,具体的な作戦が立てられる.
金,桂馬,香車の使い方は作戦に従って決まる

関連情報をグループ化
重要でない情報の無視

情報の自由度を下げる=直感

α波:記憶活動で活性化
β波:言語的表現時に活性化

記憶のステップにおいてプロ棋士はα波が増大.イメージで覚えているためベータ波はあまり活性化しない.上級者・中級車は,β波が大きい.これは言葉で覚えているため.

θ波:記憶時に活性化
駒組みの認識フェーズにおいて,初心者はθ波が活性化.プロ棋士,上級者ではほとんど活性化されない.

===

|

« 「意図せず生まれる知識共有」@JWEIN10 | トップページ | 国際会議WWW2009論文感想その3 »

学会」カテゴリの記事